PocketNeoとは?

PocketNeoは、WindowsMobile搭載のPDA(ハンディPC)で動く電子野帳、写真や結線
土地の形状データ、測量計算作業など豊富な現場情報の収集を可能にするシステムです。
WingNeoとの同期によりCAD・計算システムに一連でデータを受け渡し可能なほか、
他社測量システムにも観測や図形データなど、これまで以上の情報が渡せます。

PocketNeo|シリーズ構成

PocketNeoのソフトウェアは、電子野帳機能に限定したPocketDC(ポケットディーシー)や
公共測量対応版、縦横断観測など組み合わせはお客様の業務スタイルに合わせた自由な
カスタマイズが可能です。ハードも現場で使える推奨セットを頑強タイプとお手軽タイプとを
ご用意しています。

PocketNeo(ポケットネオ・シリーズ構成

PocketNeo(ポケットネオ)|登記測量の現場で

PocketNeo(ポケットネオ)シンプルメニュー

明解メニューに豊富な機能 PocketNeoはシンプルで明解なメニューの中に豊富で分かりやすい機能を満載しています。 分類も操作性もどこかWingNeoを感じさせるので迷うことなく目的の作業に入ることができます。

現地で点検計算・プレビュー付き

街区基準点からの取り付け 近傍の街区基準点座標を使った一筆地測量も測量から現地での精度点検、区画・結線作成、計算点作成や概況図やメモ等の情報など必要な情報を持ちかえることができます。

画面タップで座標計算

計算点

あとから確認メモ

落書きメモ

TS(トータルステーション)との連携は抜群!

自動対回

見やすい文字情報(杭打ち)

杭打ち

ワンマン観測

光波操作

PocketNeo(ポケットネオ)|測量の現場で

地形測量から基準点観測まで

観測メニュー PocketNeoの観測機能は単なるデータコレクタ(野帳収集機能)にとどまりません。 観測が簡易電子平板として機能する線作図同時観測や、光波の据え付け位置に縛られないリモートコントローラを使った作業ではミラー定数やレーザーポインタの制御なども行えます。

対回観測の再測シーン

現地での各種精度点検を搭載 観測時の等級による観測精度確認は再測の必要性をその場で判断できる材料になります。 また、閉合型や結合型の路線形状も精度点検でき、出戻りの手間を極力省きます。

平板感覚

平板機能

杭打ち旋回

杭打ち+旋回

観測レコード

観測レコード

電卓不要

各種チェック

縦横断もお任せ

縦横断観測

PocketNeo(ポケットネオ)|ハードウェア

サイオン・テクロジックス社サイト

iKon(アイコン) 軽量・小型・頑強タイプならiKon。
サイオンテクロジクス社

200万画素カメラ、気温-10度~50度で使用可能、IP65の防塵・防滴基準、WindowsMobile6.1Classic搭載、Bluetooth Class2もしくはシリアルケーブルによる通信が可能。

日本hp社サイト

iPAQ212(アイパック) 手帳感覚でも現場用の強化が可能なiPAQ。
気温-5度~45度で使用可能、Bluetooth Class2もしくは別売りのBluetooth無線(Class1)で通信可能。システムアンドサポートでは現場で使えるハードカバーをオリジナルでセットにしています。

iPAQを頑強に

頑強ケース

雨よけカバー

雨よけカバー

移動の際はベルトに

ベルト装着

ページトップへ